有機のタネの専門店〜有機の固定種・在来種・自然栽培の種 F1有機種子など多数〜

logo

call046-204-7907
schedule営業時間 平日 9:00~17:00 受付

株式会社グリーンフィールドプロジェクト代表

松﨑 英(まつざき ひで)

2010年、農業に憧れて脱サラ。有機の種に興味を持ち、2012年にグリーンフィールドプロジェクトを創業。日本になかった有機種子を初めて導入し、「ヨーロッパから輸入した有機種子」および「国内で採種した有機固定種」を販売。有機種子の普及をめざし日々奮闘中です!

こんにちは!グリーンフィールドプロジェクト代表の松崎です。
9月といえば秋まきが始まる時期で、種まきできる野菜がたくさんありますよね。

今回は有機のタネ屋より、9月に種まきできる根菜をご紹介します!
涼しい気候になってくれば、育てやすい野菜がたくさんありますよ。

今から種まきして楽しみましょう!

 

9月に種まきできる根菜11選!

 

大根(アブラナ科ダイコン属)

大根は日当たり、風通しがよく涼しい環境を好みます。
種まき後は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりをしてください。

・発芽適温:15℃~30℃
・生育適温:17℃~20℃

 

(1)青首宮重大根

青首宮重大根の画像

青首大根のルーツとも言われる伝統品種で、肉質に優れた品種です。 煮物・漬物などいろんな和食によく合います。
生食で大根サラダにしても甘みがあり美味しいです。

●収穫適期:種まきから70日~80日

青首宮重大根の有機種子はこちら

 

(2)黒丸大根(ブラックスパニッシュラウンド)

真っ黒な外皮に純白の果肉が特徴の大根です。直径は8cm~10cmの丸型で、ちょっとした料理に便利な小ぶり大根です。
1500年代からヨーロッパで愛され続けた歴史ある在来品種で、日本でもよく育ちます。
サラダ等の生食用として人気の大根です。一般の大根に比べ、若干柔らかみのある食感が美味です。

●収穫適期:種まきから50日~80日

黒丸大根(ブラックスパニッシュラウンド)の有機種子はこちら

 

(3)西洋赤大根

明るい赤色の小型の大根で、露地・ハウス栽培とも向いてます。 サラダなどの生食用として、三杯酢漬けにしてもおいしくいただけます。炒め物やみそ汁に入れると、大根も葉も利用できます。

●収穫適期:種まきから40日~60日

西洋赤大根の有機種子はこちら

 

(4)ラディッシュ/二十日大根(ピンキー)

小ぶりの丸型で、淡いピンク色がかわいい二十日大根です。生でサラダに最適です。
炒め物やみそ汁に入れると、ラディッシュの葉も利用できます。

●収穫適期:種まき暖かければ30日弱、涼しければ40日~50日

ラディッシュ/二十日大根(ピンキー)の有機種子はこちら

 


 

カブ(アブラナ科ダイコン属)

カブは寒さに強く、暑さと乾燥に弱い野菜です。日当たり、風通しがよく涼しい環境を好みます。
種まき後は、土の表面が乾いたらたっぷり水やりをしてください。

・発芽適温:20℃~25℃
・生育適温:15℃~20℃

 

(1)金カブ(甲高小カブタイプ)

黄金色(肉色も黄金色)の小カブで、甲高な形です。収穫サイズは5cm~8cmで、 葉もおいしくいただけます。
酢漬け・千枚漬けすると、黄金の色合いも楽しめます。煮物にしてもおいしくいただけます。

●収穫適期:種まきから50日~80日

金カブ(甲高小カブタイプ)の有機種子はこちら

 

(2)白カブ(フラット小カブタイプ)

白色の小カブで平たい形です。収穫サイズは5cm~8cmで、 煮物・酢漬け・千枚漬け、葉は漬物にしてもおいしくいただけます。ヨーロッパでは湯掻いた後にマッシュして、 塩・コショウ・バターで味付けたり、炒め物やスープ具材としても人気の野菜です。

●収穫適期:種まきから50日~80日

白カブ(フラット小カブタイプ)の有機種子はこちら

 

(3)ルダバガ/スウェーデンカブ

ルタバガスウェーデンカブの画像

原産地はスウェーデンとされ、北欧からロシアにかけて親しまれています。
カブより少し大きめ。固くゴツゴツしていますが、肉質は緻密で、ほのかな甘みがあります。
煮込み料理やシチューにぴったりです。

●収穫適期:種まきから70日~100日

ルダバガ/スウェーデンカブの有機種子はこちら

 



にんじん(セリ科ニンジン属)

にんじんは、種まきから発芽まで難しい野菜と言われています。発芽するまでは、乾燥させないようにこまめに水やりをしましょう。発芽後も、土の表面が乾いてきたら水やりをしてください。また、直根性の植物でまっすぐ伸びていくため、植え替えは避けましょう。

・発芽適温:15℃~25℃
・生育適温:15℃~20℃

 

(1)ナンテス

冷地のほうが大きく育ちやすく、形はずん胴型で甘味が強く肉質がやわらかい品種。
収穫サイズの目安は12cm~15cmです。 秋まきは小さめに育ちます。 甘味が強く肉質がやわらかい品種なので、生でも煮物でもおいしくいただけます。

●収穫適期:種まきから70日~100日

にんじん(ナンテス)の有機種子はこちら

 

(2)イエローストーン(オーガニックコート種子)

ニンジンイエローストーンの画像

濃い黄色で長さ15cm~20cmの細長い品種です。草勢強いので雑草に負けずに育ってくれる有機栽培に適性があります。

●収穫適期:種まきから70日~80日

にんじん(イエローストーン)の有機種子はこちら

 


 

ビーツ(ヒユ科フダンソウ属)

「食べる輸血」とも言われているビーツ。
暑さに弱い野菜です。日当たり、風通しがよく涼しい環境を好みます。

・発芽適温:15℃~30℃
・生育適温:15℃~20℃

 

(1)ビーツ/ビート(エジプトフラットタイプ)

ロシア料理の煮込みスープ「ボルシチ」で有名な真っ赤なカブのような形をした野菜です。皮ごとゆでてサラダにしたり、 ピクルスでもおいしくいただけます。肉肌が綺麗で扁平、揃いの良いドイツ生まれの品種です。収穫サイズの目安は直径5cm~6cm、高さ4cmです。

●収穫適期:種まきから60日~80日

ビーツ/ビート(エジプトフラットタイプ)の有機種子はこちら

 

(2)ビーツ/ビート(デトロイト)

ロシア料理の煮込みスープ「ボルシチ」で有名な真っ赤なカブのような形をした野菜。皮ごと茹でてサラダにしたり、ピクルスでもおいしくいただけます。 丸型の形で葉は立性、肉肌も綺麗な品種です。収穫サイズの目安は直径5cm~6cmです。 

●収穫適期:種まきから60日~80日

ビーツ/ビート(デトロイト)の有機種子はこちら

 

今回は有機のタネ屋より、9月に種まきできる根菜11選をご紹介しました!
秋まきの野菜は、夏野菜に比べて害虫の発生が少なくなるなど、メリットがたくさんありますよ。

こだわりの有機のタネからぜひ育ててみてください!