有機のタネの専門店〜有機の固定種・在来種・自然栽培の種 F1有機種子など多数〜

logo

call046-204-7907
schedule営業時間 平日 9:00~17:00 受付

タイムの香りのスペイン風スープ

 

またしても、タイム・・・。タイムが余っているのだ・・・。

ということで、スペインの料理サイトを検索すると、“タイムのスープ”なるものを随所で発見。

“スペインのカタルーニャ地方に伝わるおばあちゃんの味”としてメジャーらしく、様々なサイトでレシピが紹介されている。

このタイムのスープ、基本的に、“タイムと卵とパンは必須!”らしいが、スープの種類に関してはチキンスープやトマトスープなど、余ったスープでよい、みたいな感じで特にこだわりはないようだ。

で、今回は自分の好みもあって、トマト風味のスープに決めた。

 

タイムを使ったスペイン風スープ2

材料 (2人前):

トマト  2個
ニンニク  一かけ
タマネギ  4分の一
ベーコン  大さじ2
スープの素  1個
水  400㏄
しお、こしょう  適量
オリーブオイル  適量
タイム  2~3枝
たまご  2個
食パン  2枚

タイムを使ったスペイン風スープ3

作り方は、またしてもカンタン。

1.フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニク・タマネギ・ベーコンを炒める。
2.ある程度火が通ったらざく切りにしたトマトとタイムの葉、スープの素、水を入れ、しおとこしょうで味付けし、スープの完成。
3.皿にトーストした食パンを一口大に切って盛り付け、その上に生卵をそっと盛る。
4.3.にアツアツのスープをかけてできあがり!

タイムを使ったスペイン風スープ4

これを作ってみての感想は、ずばり「激ウマ!」でした。

二日酔いの朝に効きそうだ。
あと、風邪にもよさそうだ。
そして、なんとなくコンセプトが日本のおかゆに似ている・・・

と思って調べてみると、本場、スペインのカタルーニャ地方では、おばあさんが寒い季節になると、このタイムのスープを作ってくれる、とある。
タイムは肺や気管によいハーブだし、寒い季節の風邪予防によいので、理にかなっているようだ。
スペインのおばあちゃん、さすが。

本場のスープは、食パンのかわりに古びたフランスパンを使うらしいが、我々日本人の一般家庭では逆に“古びたフランスパン”なんて常備していないので、ここは食パンをトーストして使用。
パンがかなりスープを吸い込むので、スープは多めに作ったほうがよい、と反省。
ワンプレートで済むし、スープは前日に作っておけばいいので、忙しい朝に重宝しそうである。

☆ タイムの有機種子を無農薬・無化学肥料で育てたものを、調理しています。

今回使用したタイムの有機種子はこちら