有機のタネの専門店〜有機の固定種・在来種・自然栽培の種 F1有機種子など多数〜

logo

call046-204-7907
schedule営業時間 平日 9:00~17:00 受付
サマーサボリーでドイツのあったかスープ

【サマーサボリーでドイツのあったかスープ】

 

 

冬の寒い日、家に帰ってシチューを飲むと

ホッとする・・・

 

ということで、

 

ドイツのおばあちゃんが作る

「あったかシチュー」はこれ!

「サマーサボリー(セイボリー)」という

ハーブを使ったシチュー。

 

サマーサボリー

 

↑こちらがサマーサボリー。

 

ミントのようなさわやかさに、

ちょっと甘い香りを加えた感じ。

 

「豆によく合うハーブ」と言われている。

 

豆の消化を助けると考えられていて、

ドイツで昔から豆料理に

使われているらしい。

 

 

【材料(2人分)】

・スモークハム 60g(1㎝程度のさいの目切り)
・じゃがいも 1個(1㎝程度のさいの目切り)
・玉ねぎ 1/8個(1㎝程度の角切り)

・にんじん 1/3本(1㎝程度のさいの目切り)

・いんげん豆 8~10本(3㎝程度の長さに切る)
・サマーサボリー 1枝

・サワークリーム 大さじ1

・水 400㏄

・コンソメ顆粒 大さじ1

 

 

【作り方】

1.鍋に水入れ沸騰させる。サマーサボリー、スモークハム、じゃがいも、にんじん、玉ねぎを入れ、中火で30分ほど煮込む。

 

2.野菜がやわらかくなったらいんげん豆、コンソメ顆粒、サワークリームを入れ弱火で20分ほど煮る。

 

3.塩・コショウで味を調え出来上がり。

 

ドイツのスープ

 

材料をどどん!!と鍋へ。

 

 

サマーサボリー

 

↑ちなみにこちらがサマーサボリー。

 

サマーサボリースープを作る

 

↑煮込む。ひたすら煮込む。やさしく煮込む。

 

サマーサボリーのドイツ風スープ

 

できあがり!

 

ちなみに、サマーサボリーはあくまで風味づけなので、葉っぱは食べない。

 

月桂樹(ベイリーフ)の立ち位置に似ている。

 

なので、食べるときには皿にサマーサボリーをよそわないっ!

 

 

ところで、味はというと、ドイツのおばあちゃんが作る昔からのレシピだけあって、とってもシンプルでやさしい味。

 

長年、家庭で受け継がれる味に勝るものなし!という感じだ。

 

サマーサボリーのほんのりさわやかな香りが全体を引き締めてくれる。

 

それに、ちょっと甘い香りなのでなんとなくまろやかな後味。

 

サワークリームがないときは、牛乳やバターでもよいとのこと。

 

このスープとパンさえあれば、冬の夕食はOKといってもよい。

 

子供も大人も大好きになりそうな、とってもやさしい味でした!

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

「サマーサボリー」がオーガニックの種から育てられます!

 

無農薬のタネ専門店「グリーンマーケット」はこちら↓

サマーサボリーの有機種子