野菜・ハーブ・花・スプラウトの種の通販〜固定種・在来種・有機種子多数、化学農薬なし、化学肥料なし、遺伝子組換えなしの有機のタネ

ペイシェンスドック/ワセスイバ【有機種子・固定種】


オゼイユソースが作れる!

特徴
ペイシェンスドックは、フランス料理でよく使われる「オゼイユ(英誤名:ソレル)」と同じスイバ属の葉で、酸味とぬめりけのあるユニークな風味が特徴。
繁殖力が強く、たいへん育てやすいほうれん草に似たハーブです。
草丈40〜100センチほどに生長し、強く根を張ります。

楽しみ方
日本ではなじみのない「ペイシェンスドック」ですが、ブルガリア、マケドニアやセルビアなどでは
春のスープとして食されるとても一般的な葉野菜。
特に、ルーマニアでは「サルマーレ」(肉を葉で包んで煮込んだロールキャベツのようなものを
トマトソースで煮込む料理)には欠かせない葉野菜だそう。
フランスでは、同じスイバ属のオゼイユは春になるとマーケットで売られ、スープ、バター炒め、
などで古くから親しまれているとのこと。
フランスで約50年間にわたり(2018年時点)ミシュラン3ツ星を保持しているレストラン「トロワグロ」
を一躍有名にした「サーモンの薄切りオゼイユソース」。
塩こしょうしてフライパンで火を通したサーモンを、オゼイユの生クリームソースと一緒にいただく。
この、「魚・生クリーム・オゼイユ」の組み合わせは、フランスでは古くからある伝統的なトリオ。
魚の臭みがさわやかな酸味で消されておいしくいただけるんですね。
日本のフレンチレストランでは、オゼイユはなかなか手に入らないのでフランスから缶詰を輸入しているそう。
オゼイユの代わりにペイシェンスドックを使っておうちでフランス・ミシュランの味に挑戦!も楽しい。

フランス・ミシュランの味のレシピを読む>>>「サーモンの薄切りオゼイユソース」

その他、スープにしたり、バターで炒めたものを魚に添えたりと、万能調理でおいしくいただけます。
日本ではなかなか手に入らないヨーロッパの伝統野菜でグルメな味をおうちで楽しもう!

商品名 ペイシェンスドック/ワセスイバ 【有機種子】
内容量 0.3g
学名 Rumex patiencia
タデ科
タイプ 多年草
補足 この種子はF1種ではありません。



育て方

種まき 直播き (筋まき・点まき2〜3粒) (セルトレー・ポットでも可) で、土は浅く覆土します。
播種適期 3月〜5月
場所
株間 本葉4〜5枚の頃、株間20〜30cmに間引きます。
定植 本葉4〜5枚の頃、株間20〜30cmに間引きます。
肥料
水やり
収穫 収穫の目安は種まきから90〜120日です。
病害虫
コンパニオンプランツ
プランター栽培の
ポイント
丸型、長方形 (深さ15cm以上、幅30cm以上)に1株。 複数植えつける場合は株間20cmほど確保します。




安心にこだわった有機の種から栽培できます。


GFPサステイナビリティ基準株式会社グリーンフィールドプロジェクトは、GFPサステイナビリティ基準を設け、種子が有機栽培で生産され、無化学消毒であることを独自に確認しています。有機JAS規格では種子が認証対象外のため、独自基準で有機種子の普及を目指しています。




★ご注意★
・この種子を食用・飼料用に使用しないで下さい。
・お子様の手の届かない所に保管下さい。
・直射日光・湿気を避け、涼所で保管下さい。
・播種適期は目安であり、気候等により変動します。
・種子は本質上100%の純度は望めません。
・播種後の栽培条件・天候等で結果が異なります。結果不良と認められる場合でも、損害の補償は種子代金の
 範囲内とさせて頂きます。
・独自に加工された場合は責任を負いかねますので予めご了承下さい。
・ご返品はお断り致しますので予めご了承下さい。  
販売価格 345円(内税)
型番 A167-60