有機のタネの専門店〜有機の固定種・在来種・自然栽培の種 F1有機種子など多数〜

有機のタネの専門店グリーンマーケット 有機の固定種・在来種・自然栽培の種 F1有機種子など多数

call046-204-7907
schedule営業時間 平日 9:00〜17:00 受付

フォーラム 人間の食3 食の展望 持続可能な食をめざして(南直人編集)

販売価格 5,940円(内税)
在庫数 残り2冊です
購入数

mail_outline この商品についてお問い合わせ

商品説明

食とジェンダー、食文化の伝達と継承そして商品化、食と戦争と平和、スローフードとフードテック…。人類と地球の共存が危うい時代に、食から世界を見ることで、一人ひとりの行動が未来を選ぶ力になることがわかる。


著者
企画:(公財)味の素食の文化センター 1989年設立。準備室時代の1982年から開催する「食の文化フォーラム」が2022年に40周年を迎える。

編集:南直人 1957年生まれ。京都橘大学文学部教授を経て、現在、立命館大学食マネジメント学部教授。西洋史学、食文化研究。『世界の食文化18 ドイツ』『〈食〉から読み解くドイツ近代史』『食の世界史』他著書多数。

目次
◆ 巻頭言 食文化の未来 中嶋康博 
◆ 凡例  
◆ 序章 「食」から世界がみえる― 現在と未来  南 直人 

第吃 食からみた現代の生活 
 第1章 「子ども向け弁当」をめぐる母の「手作り」規範― 食とジェンダーの歴史社会学  村瀬敬子 
 《コラム1》家族の食卓の変化から孤食へ ― 漫画、ドラマに描かれた食と女性  佐伯順子 
 第2章 食にかかわる知の伝達   中澤弥子 
 《コラム2》学校教育のなかでの食 ― 「家庭科」を中心に  表 真美 
 《コラム3》クチーナ・ポーヴェラに継承されているもの  宇田川妙子 
 第3章 ジャーナリズムに描き出された食のいま―― 食卓から見えること、聞こえること  長沢美津子

  第局 多様化する食と社会 
 第4章 ガストロノミーレストランと外食の未来   生江史伸 
 《コラム4》ポトフ、あるいはじっくり煮こまれた〈国民〉の源泉  橋本周子 
 第5章 「生存の旅」から「楽しみの旅」へ― 旅の変遷にみる食のあり方  山本志乃 
 第6章 食文化の「商品化」 ― 地域ブランド資源としての食文化  小林 哲
 《コラム5》地域名菓と地域ブランド資源  橋爪伸子 
 第7章 人にとって、地球にとって“健康的な食事"とは?  津金昌一郎
 《コラム6》韓国におけるお年寄りの食の変化  守屋亜記子 
 《コラム7》「国民料理」の形成とその未来  西澤治彦 

第敬 食の課題と未来 
 第8章 食と宗教― グローバル化のなかの宗教的食規制  阿良田麻里子 
 第9章 食を根拠にした思想形成に向けて   藤原辰史 
 《コラム8》子どもの貧困と食  半田章二 
 第10章 経済の視点からみた食の現在  中嶋康博 
 《コラム9》食と戦争、そして平和  朝倉敏夫 
 第11章 食の未来― 幻想は抱くな、だが夢はみよう   佐藤洋一郎
 《コラム10》世界の変化と食の未来  丸井英二 

◉;;;;; カラー企画 未来のあるべき食の姿―― 地球と人類の共存をめざして  南 直人 

◆ 総括 食の文化フォーラム四〇年の歴史をふり返る   南 直人 
◎ あとがき  南 直人 
◎ 執筆者紹介 
◎ 索引 
◎ 刊行の辞

ISBNコード
978-4540201103
発行日
2023/04
出版
農山漁村文化協会(農文協)
判型/頁数
A5  448ページ

売れ筋商品

他の商品を探す